肌への負担が少ないファンデーションがおすすめ

選ぶコツとは?

30代になると、肌トラブルが気になり厚化粧になりがちです。また、自分に合ったファンデーションを選ぶのも難しいため、諦めてしまう人が多くいます。そういった方の為に、ファンデーション選びのコツを紹介していきます。

ファンデーションの選び方~おすすめの化粧品をチェック~

化粧品

まずは肌質を知ろう!

人の肌質は、テカりやすい脂性肌や混合肌、普通肌や乾燥が気になる乾燥肌の4つのタイプに分けることができます。その肌質を知ることによって、肌に合ったファンデーションを簡単に選ぶことが可能です。

ファンデーションの種類とは?

ファンデーションだけでも、リキッドやパウダー、クリームやクッション、スティックなど種類が豊富にあります。そのため、肌のタイプによって選ぶ必要があります。また、最近では肌に優しいオンリーミネラル・エアーファンデーションが人気です。

肌トラブルに合ったものを選ぶ!

シミ・シワ・たるみ・乾燥など肌トラブルは人それぞれです。そういった肌トラブルをカバーする為には、医薬部外品のファンデーションがおすすめです。エイジング機能を備えているので、肌トラブルの改善にも期待ができます。

色選びもポイント

ファンデーションで美肌を作る為には、色選びがとても大切です。そのため、自分の肌の色をチェックしておきましょう。その際には、あごラインの色を選ぶことによって、自然な仕上がりになるのでとてもオススメです。

自分に合ったファンデーションを選ぼう

この様に自分の肌質や肌トラブル、肌の色によってファンデーションを選ぶことができます。自分の肌に合ったファンデーションを利用することによって、肌の仕上がりが良くなるので、購入前に確認しておきましょう。
肌にぴったりのファンデーションを見つけたら、ポイントメイクにもこだわってみましょう。メイクの流行は季節ごとに変わります。雑誌やSNSをチェックして、旬のポイントメイクを研究してみましょう。また、メイクの仕方や道具の使い方を変えるだけでも、ぐっとあか抜けた顔に変身できます。

ベースメイクの種類をチェック!

日焼け止め

紫外線は肌トラブルの原因となってしまうので、化粧をする前にはしっかり日焼け止めを塗る必要があります。日焼け止めによっては、乾燥を防いだり肌を整える効果もあります。

化粧下地

化粧下地は「肌に馴染む色」「肌質に合うもの」を選ぶことがポイントです。化粧下地が多すぎると、化粧崩れの原因となってしまうので、ムラなく綺麗に塗りましょう。

ファンデーション

ファンデーションは、なめらかな肌に整えることができます。しかし、ファンデーションによって塗り方が異なるため、それぞれの正しい塗り方をチェックしておく必要があります。

コンシーラー

気になる部分をカバーする為には、コンシーラーを利用します。しかしコンシーラーは、塗りすぎてしまうと厚化粧の原因となってしまうので気をつける必要があります。

フェイスパウダー

仕上げとして利用されるのがフェイスパウダーです。フェイスパウダーは、ムラなく馴染むように、一度甲の上でなじませることがポイントです。艶っぽさを演出したい場合にはラメ入りがおすすめです。

広告募集中